ピンクリボン活動

ルックグループはピンクリボン活動を応援しています。

日本では今、乳がんにかかる女性が急増中です。特に35歳から増え、もはや他人事ではすまされないのが現状です。しかし恐れてばかりではいけません。基礎知識をもち、自己検診、定期検診を受け、早期発見、早期治療をすれば、ほぼ100%の治癒が期待できるのです。

ルックグループでは、長い間ご声援いただいている幅広い女性の皆様に、感謝の気持ちをこめて、2002年よりピンクリボン活動を支援しています。

過去の主な活動内容は、スキャパなど、人気ブランドのオリジナルTシャツ販売による収益金を乳房健康研究会に寄付したり、講演会やイベントへの景品提供です。

そして、2016年よりLOOK MEMBERSHIPでお客様が保有しているポイントを寄付出来る取り組みをスタートさせるなど、毎年乳房健康研究会や日本対がん協会へ寄付活動をしています。

社内には「ピンクリボン自動販売機」を設置しており、今後も継続してお客さまや従業員が身近にピンクリボン活動に参加できるよう取り組んでいます。

これらの寄付金は、乳がんの無料検診クーポンの発行や無料電話相談による患者・そのご家族の支援、子どもたちへのがん教育やピンクリボン関連等の啓蒙活動など、乳がん征圧に向けて幅広く活用されます。

またルックグループでは、多くの女性従業員が乳がん検診を受診できるように、健康保険組合の保健事業の取り組みのひとつとして検診費用の補助を行ったり、ポスターやチラシなどによる啓蒙活動にも取り組んでおります。


予防のむずかしい乳がんでも、早期発見すれば怖い病気ではありません。
乳がん対策は自己検診、定期検診がカギを握っています。


まだまだ微力ではありますが、これからも一人でも多くの女性の皆様が、乳がんに対して関心をもち、知識を高め、早期発見、早期治療をしてくれるよう、検診の大切さを呼びかけてまいります。すべての女性が、素敵に、美しく輝くために、そして世界中から乳がんが撲滅するよう切に願っています。

ルックグループはピンクリボン活動を応援しています。

ピンクリボン活動とは?

1980年代にアメリカでスタートした市民活動。
イベントを開催したり、ピンクリボン商品の販売による収益金を寄付する活動を通し、乳がんの早期発見、早期治療の大切さを呼びかけています。
現在では世界中に広がる活動です。

NPO法人乳房健康研究会
ルックはピンクリボン活動を応援しています。
財団法人 日本対がん協会
ルックはピンクリボン活動を応援しています。