社長挨拶(株主の皆様へ)

 株主の皆様におかれましては、平素より格別のご支援を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

 当社グループは、「お客さま第一主義」の基本理念のもと、お客さまに満足していただける商品やサービスをご提供することによって、持続的な成長と安定的な収益を実現し、更なる企業価値向上を図ってまいります。

 株主の皆様には、今後とも一層のご指導ならびにご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 多田 和洋

当第2四半期連結累計期間の業績の概況について

 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用しております。この結果、前第2四半期連結累計期間と収益の会計処理が異なることから、以下の経営成績に関する説明において増減額及び前年同四半期比(%)を記載せずに説明しております。
 また、第1四半期連結会計期間より、退職給付債務の計算方法について会計方針の変更を行っており、遡及処理の内容を反映させた数値で前年同四半期連結累計期間及び前連結会計年度との比較・分析を行っております。
 詳細につきましては、2022年12月期 第2四半期決算短信「2.四半期連結財務諸表及び主な注記 (4)四半期連結財務諸表に関する注記事項(会計方針の変更)」に記載のとおりであります。

 当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響は続いているものの、行動制限が緩和されたことに伴い、徐々に経済活動の正常化が進み景気に持ち直しの動きが見られました。一方、ウクライナ情勢の長期化による世界的な資源高に円安も加わり、物価が高騰するなど先行き不透明な状況が続いております。

 当アパレル・ファッション業界におきましても、行動制限が緩和されたことに伴い、お客さまの外出機会が増加したことに加え、気温上昇に伴い夏物商品に動きがみられ、緩やかな持ち直しの兆しがありました。

 このような状況の中、当社グループは、経営環境の変化に対応すべくEC事業の強化に加え、店舗での販売にも注力し、アパレルブランド及びライフスタイルブランドともに店舗での販売が伸長いたしました。一方、不採算事業の廃止や不採算店舗の撤退などの施策にも取り組み、徹底した効率経営を推し進めてまいりました。

 その結果、当社グループの当第2四半期連結累計期間の売上高は261億4千1百万円(前年同四半期は194億6千3百万円)、営業利益は17億3千4百万円(前年同四半期は6億2千3百万円の営業利益)、経常利益は20億4千5百万円(前年同四半期は8億1千1百万円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純利益は13億5千4百万円(前年同四半期は6億7百万円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりました。

セグメント別の業績の概況は次のとおりであります。

セグメント別の業績について

アパレル関連事業

 「日本」につきましては、店舗において、引き続き、主力ブランドの「イル ビゾンテ」の販売が順調に推移したほか、「キース」や「スキャパ」などのアパレルブランドにおいても、お客様の外出機会が増加したことに加え、気温上昇に伴い夏物商品の販売が好調に推移したことにより、売上高が増加いたしました。また、「A.P.C.」ではコラボレーション商品の販売など、効果的な販促活動を実施したことにより、売上高は堅調に推移しました。EC事業においては、店舗とECとの在庫連携機能を引き続き強化したことに加え、マリメッコ日本公式サイトをリニューアルするなど、お客さまの利便性の向上に取り組んでまいりました。その結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は118億3千9百万円(前年同四半期は99億9千2百万円)となりました。また、不採算ブランドの廃止などによる効率化を推し進めた結果、営業利益は9億3千4百万円(前年同四半期は3億2千7百万円の営業利益)となりました。

 「韓国」につきましては、新型コロナウイルス感染症オミクロン株の感染者数が急激に増加したものの政府による規制緩和が継続している中、株式会社アイディールックにおいて、店舗への来店客数が回復したことや、主力インポートブランド「サンドロ」や「マージュ」が好調に推移したことに加え、2月より「A.P.C.GOLF」の販売をスタートしたことなどにより主力の百貨店の売上高が増加し、増収増益となりました。また、株式会社アイディージョイにおいても、規制緩和に伴い店舗への来店客数が回復し、売上高が増加いたしました。その結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は131億5千5百万円(前年同四半期は83億6千8百万円)、営業利益は13億1百万円(前年同四半期は5億8千5百万円の営業利益)となりました。

 「欧州」につきましては、直営店舗での営業が再開したイタリアやフランスでは、観光客も戻りつつあり売上高が増加したものの、主力の卸売事業において、新型コロナウイルスの感染拡大やウクライナ情勢の影響により生産や物流に遅延が生じたことなどにより、売上高が減少いたしました。その結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は17億9千7百万円(前年同四半期は19億4百万円)、営業損失は1億1千1百万円(前年同四半期は1億4百万円の営業利益)となりました。

 「その他海外」(香港・中国・米国)につきましては、米国において、新型コロナウイルス感染者数が減少傾向に転じた結果、直営店舗、卸売事業ともに売上高は増加いたしました。その結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は2億4千万円(前年同四半期は1億7千8百万円)、営業損失は4千9百万円(前年同四半期は9千2百万円の営業損失)となりました。

 これらの結果、アパレル関連事業の当第2四半期連結累計期間の売上高は270億3千3百万円(前年同四半期は204億4千4百万円)、営業利益は20億7千5百万円(前年同四半期は9億2千4百万円の営業利益)となりました。

生産及びOEM事業

 「生産及びOEM事業」につきましては、株式会社ルックモードにおいて、不採算ブランドの生産中止によりグループ内の受注が減少したものの外部受注が増加したことなどにより、当第2四半期連結累計期間の売上高は10億5千5百万円(前年同四半期は10億3千万円)となりました。また、生産体制の一部見直しなどの効率化を実施した結果、営業損失は9百万円(前年同四半期は4千1百万円の営業損失)となりました。

物流事業

 「物流事業」につきましては、株式会社エル・ロジスティクスにおいて、グループ内への売上は増加いたしましたが外部売上が減少した結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は5億9千6百万円(前年同四半期は6億3千8百万円)、営業利益は2千5百万円(前年同四半期は4千5百万円の営業利益)となりました。

飲食事業

 「飲食事業」につきましては、株式会社ファッショナブルフーズ・インターナショナルが展開する「ジェラテリア マルゲラ」において、行動制限が緩和されたことに加え、気温上昇に伴い店舗での売上高は増加いたしましたが、宅配サービスなどの売上高が減少いたしました。その結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は2千6百万円(前年同四半期は2千6百万円)、営業損失は1千3百万円(前年同四半期は1千2百万円の営業損失)となりました。

通期の見通しについて

売上高 530億円
営業利益 34億円
経常利益 36億円
親会社株主に帰属する当期純利益 24億円

 2022年12月期の連結業績予想につきましては、当第2四半期連結累計期間の実績を踏まえ、今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況や原材料価格の高騰、円安の進行、ウクライナ情勢の影響など、当社グループの事業に与える影響を想定し、売上高は前回予想510億円を20億円上回る530億円、営業利益は前回予想28億円を6億円上回る34億円、経常利益は前回予想30億円を6億円上回る36億円、親会社株主に帰属する当期純利益は前回予想20億円を4億円上回る24億円を予想しております。

 また、通期連結業績予想を踏まえ、今後の事業・投資計画等を総合的に勘案した結果、期末配当予想を前回予想から1株当たり10円増配の50円に修正しております。
今後も財務体質の強化、継続的な企業価値の向上に努め、将来の事業展開を勘案のうえ、内部留保及び利益配分を決定してまいります。