様々な経験を重ね
キャリアを磨いていく
憧れのブランドに携われることに感謝

太田 一寿

PROFILE ~これまでの経歴~

レディースブランドを極められるのも魅力

もともとは大学卒業後IT関連の企業に就職しようと考えていたので、在学中はIT企業のインターンシップに参加しました。貴重な体験となりましたが、「IT業界は自分には合わないのでは」と感じ、昔からずっと興味のあるアパレル業界へ目が向くように。ありがたいことに、いくつかのアパレル企業から内定をいただきました。入社の決め手となったのが、ルックならレディースブランドもあり、男性でも婦人服を極められるということ。さらに「人」が良かったこと。面接をしていただくたび、優しく真面目な人柄の方が多く、「いい人しかいないとはこのことだ」と思ったほどです。
入社後はミセスブランドの営業として配属となりました。入社後のOJT研修を終えると、マンツーマンで先輩について、丁寧に指導をしていただきました。半年ほど経つと少しずつ営業を任されるようになり、タイミングを見て独り立ちすることに。入社9ヵ月後には、新宿エリアの百貨店担当となり、貴重な経験をさせていただきました。

その1年後には、百貨店とは取り組み方が違う卸の営業を担当。海外から仕入れてきた商品を様々なお店(卸先)に売り込み、販売をして回りました。卸業は私の父が携わっていた仕事でもあるので、是非やってみたいと思っていたのですが、これまでと違う難しさもあり、楽しさもあり、四苦八苦する毎日でした。ルックでは何か困ったことがあった時、すぐ相談できる環境があるため、経験豊富な先輩方に助けていただきながら1年間やり遂げることができました。

MY WORK ~現在の仕事内容~

憧れの人気ブランドに携われることに感謝

4年目を迎えた今は、ブティック事業部にてMarimekko(マリメッコ)の担当営業をしており、(現在は)百貨店インショップの11店舗を任されています。マリメッコといえば、ルックのなかでも憧れの人気ブランド。若手でありながらこのブランドに携われるのは、本当にありがたいことだと日々感じています。
これだけの店舗数を担当するのは、自分のキャリアの中では初めてのこと。今は優先順位をつけながら、ひとつずつ取りこぼしがないよう行っています。主要な店舗を回って、店長や販売スタッフの皆さんから状況を聞いたり、本社にてデータを確認したりと、やることは山積み。トライアンドエラーを繰り返しながら日々成長していきたいと思っています。

TURNING POINT 
~仕事上でのやりがい、喜び、苦労など~

素敵な方々に、早く恩返ししたい

百貨店で行われる半期に1度のセールは、店舗スタッフ、MD、営業など関わるすべての人が全力を出しきる重要な時期。百貨店サイドからの要望に答えながら、目標の売り上げを達成することができました。この時ばかりは自分も店舗に立ち、店舗スタッフや本社からの応援の方々と一緒に奮闘。予算を達成した時のみんなのうれしそうな顔は、忘れられません。
店舗での活動だけでなく現在所属しているブティック事業部でも、人には大変恵まれています。素敵な人たちばかりで、ファッションのこと、仕事のこと、本当にいろいろと教えていただいています。何かあればすぐに心配し、助けてくれる人ばかりなので、日々成長していき、周囲の支えてくださる方々に「早く恩返ししたい」という気持ちでいっぱいです。

MY FUTURE ~今後の目標~

目の前のことに集中し、「今」を生きる

今は、マリメッコの営業という重要な役割を与えられているので、目の前のことに集中して全力で向かっていきたいと思っています。世界中から愛される歴史あるブランドなので、もっとブランドの知識を高めていくのも課題のひとつ。いつかマリメッコの生まれたフィンランドにも足を運び、その世界を肌で感じてみたいと思っています。お客様とはマリメッコの魅力をお伝えするとともに、ブランドのもつポリシーを理解していただき、一緒にブランドを育てていけるようなパートナーシップを築いていきたいです。
入社から1年ごとに新しい部署やブランドを担当させていただけたことには、感謝しかありません。スピード感をもっていろいろな経験を積ませていただけるので、しっかりキャリアを積みながら、自分の進むべき道を見つけていきたいと思っています。5年後、10年後といった長い目標はあえて持たず、「今」を生きる。そんな気持ちで仕事に取り組んでいきたいです。

WORK STYLE
仕事をする上でのこだわり

仕事も日常もマリメッコのシャツで

マリメッコには、男女ともに楽しめるユニセックスなアイテムがいくつかあります。ピッコロのシャツもそのひとつ。商談の時はスーツを着ますが、オフィスでは仕事着として愛用。自分でアイロンがけしたシャツを着ると、気持ちも引き締まり、仕事モードになることができます。ただ、デザインが大好きで、コーディネイトもしやすいので、結局休日にもよく着ていますね。シーズンごとに買い足し、今では計8枚に。これからもどんどん増えそうな予感です。

PEOPLE 一覧に戻る