環境への取り組み

リサイクルによる廃棄ゼロへの取り組み

近年、ファッション産業における環境負荷は国際的な問題となっており、特に大量廃棄の削減に対する取り組みは、私たちにとっても重要な課題となっています。
ルックグループでは、グループ全体で最終的に廃棄対象となった衣料品および雑貨類をリサイクルにより廃棄ゼロにすることで、廃棄・焼却処分によるCO₂排出量の削減と資源の再資源化を進めています。

衣料品のリサイクル

日本国内では不用になった繊維製品の多くが廃棄、焼却もしくは埋立処理され、気候変動や地球温暖化の一因になっています。
ルックグループでは衣料品の廃棄をゼロにするために、2021年7月より、日本環境設計株式会社を通じて、衣料品のリサイクルに取り組んでおります。衣料品を自動車内装材およびプラスチック原材料などの新しい資源へと生まれ変わらせることで、廃棄・焼却処分される場合に比べて環境負荷を低減し、資源の再資源化を図ります。

衣料品のリサイクル

雑貨類のリサイクル

ルックグループでは、衣料品と同様に雑貨類についても廃棄をゼロにする取り組みを進めております。
2021年7月より、雑貨類の廃棄をゼロにするために、日鉄物産株式会社を通じて、靴・バッグ・他雑貨類のリサイクルに取り組んでおります。雑貨類をセメント製造用の燃料となる石炭の代替として使用することにより、CO₂排出量の削減を図ります。

雑貨類のリサイクル


Marimekko(マリメッコ)サスティナブルコットンの使用

Marimekko(マリメッコ)サスティナブルコットンの使用

マリメッコはサスティナブルな(タイムレスかつ長く使える)デザインで知られ、商品品質はもちろん、サプライチェーンの責任も保証するよう絶えず取り組んでいます。環境に優しく、サスティナブルな商品を作る取り組みの1つが、マリメッコで使用する生地の内、サスティナブルなコットンのシェアを上げる事です。

2013年には、フィンランドの企業としては初めてベター・コットン・イニシアティブ(BCI)に参画しました。BCIの目標は、綿花生産者、綿花が育つ環境、綿花産業の将来にとってより良いグローバルな綿花生産を作る事です。BCI、は効率的な水の使用や土壌の健全性や自然生息地のケア、有害薬品の使用削減、労働者の権利と健康への尊重を農家に指導しています。

また、マリメッコのサスティナビリティに対する取り組みは、気候変動などの環境、社会、ガバナンス問題に関する取り組みを含め広くカバーしています。